こんのグループ 新春講演会のお知らせ

掲載日:平成26年11月18日

    
■開催概要

こんのグループでは毎年、社内行事【新春の集い】を開催しており、外部講師による
講演会を開催してまいりました。
今年度は、株式会社植松電機 専務取締役、植松努 様をお招きします。
今回の講演は日ごろお世話になっている皆様にも公開することといたしました。
是非ご聴講頂ければ幸いと存じますので、お誘い合わせの上、ご来場頂きますよう
ご案内申し上げます。

 

■開催日時

平成27年1月11日(日)
13:00〜14:50


■会場

ラコパふくしま
5階 大会議室


福島市仲間町4-8
(JR福島駅東口より徒歩20分)

※会場には駐車場がございません。 
 公共交通機関のご利用をお願い致します。

 

■参加費

無料

 

■定員

100名様 (※対象:中学生以上)


※応募者多数の場合は抽選とさせて頂きます。

 

■講師紹介

植松 努
(株式会社植松電機 専務取締役)

演題
    『思うは招く』
 〜夢があればなんでもできる〜



[講師プロフィール]

1966年 北海道の芦別市で生まれる。
     子供のころから紙飛行機が好きで宇宙にあこがれ
     大学で流体力学を学び、名古屋で航空機設計を
     手がける会社に入社する。
1994年 実家のある北海道へ戻り、父(植松清)が経営する
     植松電機へ入社後、産業廃棄物からの除鉄、
     選鉄に使う電磁石の開発製作に成功する。
1999年 コンクリート圧砕機用アクティブマグネット方式を
     考案する。
     会社を法人化(株式会社 植松電機)する。
2000年 赤平第2工業団地に用地を取得し、第一工場、
     第二工場を建設する。
2004年 カムイ式ロケットの研究を進めていた
     北海道大学大学院の永田教授に出会う。
     植松電機でロケット研究を全面支援することを
     約束する。
     宇宙のことを楽しく学ぶ子供たちのための
     スペースキャンプを開催する。
2005年 青年版国民栄誉賞「人間力大賞グランプリ」を
     受賞する。
     北海道大学とカムイ型ロケットの共同研究を
     開始する。
     第三工場を建設し研究開発拠点の強化をする。
2006年 植松電機敷地内に微小重力実験塔が完成する。
     人工衛星「HIT-SAT(ヒットサット)」の開発に
     携わり打ち上げに成功する。
     株式会社カムイスペースワークス設立
     代表取締役に就任する。
2007年 カムイロケット250sの打ち上げ実験で
     到達高度3500b達成。
2008年 カムイロケットを1年間で18機打ち上げる。
     小中学校の工場見学/体験学習業務を
     本格化し始める。
2009年 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で
     打上げ実験を実施する。
     ARCプロジェクトの開始準備を始める。
     ARC棟(発展型研究施設)を着工する。
2010年 ARCプロジェクトを開始する。

 

講師写真
■応募方法

聴講ご希望の方は、下記の応募用紙に必要事項をご記入の上、FAXにてお申込み下さい。
なお、応募者多数の際には厳正な抽選の上、当選者の方へ平成26年12月末までに
当選はがきをお送りさせて頂きます。このはがきが入場チケットになります。
当選者の発表はチケットの発送に替えさせて頂きますので、予めご了承願います。
また、応募の受付は、会場準備の都合上、12/14(日)必着とさせて頂きます。


応募用紙:個人用と法人用を用意しております。
       下記からダウンロードしてご利用下さい。


送 付 先 :株式会社こんの 本社



  応募用紙   【個人用】   【法人用】    

 

■お問い合わせ
   
担当:  (株)こんの 小林 ・ 安藤 ・ 庄子
電話:  024-524-2345

 

HOME   TOP


(C) Copyright KONNO Co., Ltd. 2014 All rights reserved.